看護師のパワハラ対策

女性が多い看護師の職場では、上司は部下へきめ細やかな対応が大切になってきます。稀に些細なことがきっかけとなり、看護師の人間関係の中で溝が出来てしまうことがあります。その中で、上司から暴言や仲間外れなどの行為があった場合、パワハラと捉えられてしまうことも珍しくありません。そういった事態を回避するためにも、上司は常に部下への真摯な対応を心掛け、良好な人間関係を築く努力が不可欠です。

パワハラ行為は看護師としての職務を遂行する上で妨げとなり、場合によっては退職に追い込んでしまう可能性もあります。特に患者の命を左右する医療現場では、看護師のミスが取り返しの付かない問題を招くケースもあるために、上司の指導は厳しくなりがちです。しかし上司のパワハラが横行するような職場や、人間関係が上手くいっていない部署では、看護業務もスムーズに行えません。

それでは看護職の上司はどのように部下に接するべきなのでしょうか。部下に適切な指示を与え、場合によっては自主性を尊重してあげることが重要になってきます。例えば患者のケアや書類作成業務などにおいて、一定の成果を上げることができた場合には、その成果を賞賛しましょう。このような上司としての振る舞いが、看護師との良好な関係を築くことに繋がります。またナースステーションや各診療科目での看護師のモチベーションとなり、看護業務全体を円滑に遂行することが出来ます。

女性が多い看護師の職場では、毎年多くの女性新人看護師が入ってきます。周りの女性と上手く関係を築いていかなければ、パワハラと捉えられてしまう可能性があります。日々スムーズな看護業務をするために、女性の部下と信頼関係を築きましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress. Design: Supermodne.